引出物は、披露宴に出席してくださった方へ、お招きした際の記念と、二人の結婚のお祝いに対する内祝い(御礼)の意味を込めて渡すものです。その為、ご招待した方々に改めてお返しをする必要はありません。ただ、あまりにもお祝いが高額だったという場合には、後日、内祝いという形で、二人からお返しをすることが多くなっています。

引出物は、基本的には全員に同じものをお出ししますが、来賓様の層が異なる場合は、男性・女性や、既婚・独身など、2~3種類に分けたり、ご夫婦で招待した場合に、お二人に一つというケース、あるいは、ご夫人用に別の品を用意することもあります。また、媒酌人夫妻には、特別にお世話になるということで、招待客に贈るものとは別の品物を用意し、夫婦それぞれに贈ることもあります。内容が違う場合でも、手提げ袋は同じにします。

引出物の品数は、2人の縁が切れず長く続き縁起が良いように、割り切れない数の3品、または5品の場合が多く、記念品とお菓子(食品)の組み合わせが定番となっています。食品では、鰹節や赤飯が定番の品として人気です。地域によってお贈りする物の決まり事などもありますので、念のため、ご両親や式場のアドバイザーの方に相談されると安心です。(当店の地域では、引出物に「お嫁さん菓子」という袋詰めのお菓子をご用意される方が多くなっております。)愛来では、お値打ちな『愛来☆ブライダルセット(カタログギフト+引菓子+鰹節)』をご用意させて頂いております。

引菓子は、列席者の家族に食べてもらうお菓子をプレゼントする習慣が残ったもの。「引菓子」という呼び方は、物を贈ることを「引く」と言ったことに由来しており、「長引く」など、これから長く続いていく様をイメージした言葉で、縁起の良い言葉です。

引菓子の定番は「バウムクーヘン」。バウムクーヘン(BaumKuchen)は、ドイツ語で「木(バウム)」・「菓子(クーヘン)」という意味。切り口が年輪をかたどったように見えるのがその名の由来、というのが定説だそうです。長い年月をかけて年輪を重ねていく木にあやかって、長寿繁栄を意味し、祝い菓子として大変人気です。

武士の時代に「勝男武士」と書かれて縁起物の「鰹節」や、お祝い事の席に欠かせない 「赤飯」も古くからの定番です。しかし、日本では元来、「お茶」というものはあまり良い言葉として使われません。例えば、「お茶をにごす」とか、「茶化す」とか。お茶を選ぶ場合は、新郎新婦の出生地にあやかったものなどを選ぶことが多くなっています。同じお茶でも、逆に「紅茶」の場合は”幸茶”につながるということで、引出物として縁起が良いといわれています。

内祝いというのは本来、結婚や出産、家の新築、お店の開店・開業、退院などの、自分の祝い事を記念して、幸せのおすそ分けとして、相手に対して贈り物を贈ることを言います。実際その祝い事に対してお祝いを頂いたかどうかに関係なく、お披露目の意味を込めて、自分の方から内祝いをするのが本来の意味なのですが、最近では、お祝いを頂き、それに対してのお返しで内祝いの贈り物をすることが多くなっています。

御祝いを頂いたけれど、披露宴にご招待できなかった方には、御祝いの半額くらいの品でお返しをします。御祝いを頂き、招待状を送ったけれども披露宴に出席出来なかった方には、引出物をお返しとして贈るか、御祝いの半額程度の品を用意してお返しをするのが一般的です。

一品めの引出物(記念品)は、お二人の結婚の記念としてお贈りする品物で、両家よりの贈り物として両家の姓を書くことが多いです。(名字に「家」を入れる場合と、入れない場合があります。)

二品目の引出物がある場合、二人のお披露目として(地方によっては「名披露目」と呼んでいます)、新郎新婦の名前を書きます。(名披露目には1000円~1500円程度の引菓子、タオル、食品を選ぶことが多くなっております。)

三品目以降の引出物については、包装のみ、のし紙だけ、またはのし上に「寿」だけ等でご用意させて頂くことが多くなっております。

結婚内祝いを贈る際は、のし上に「結婚内祝」・「内祝」・「寿」と入れ、結婚後の名字、もしくは結婚しても変わらない、お二人の下の名前、結婚後の名字+二人の名前を入れることが多くなっております。のし下のお名前は、贈り主様のお名前ですので、旧姓等を入れたい場合は、「鈴木(旧姓 佐藤)」と御用意させて頂くことが多くなっております。

水引は「結び切り」を使用します。これは、一度結んだらほどけないことから、二度と繰り返してほしくないことを意味します。

のし上の書き方の例として、「結婚内祝」・「内祝」・「寿」等がありますが、ご用途によって書き方が異なってまいりますので、右記をご参考下さい。

のし下には、贈り主様のお名前を記入します。右が新郎様、左が新婦様のお名前です。ご用途によって書き方が異なって参りますので、右記をご参考下さい。

結婚引出物・内祝といえばコレ!
スタンダードなのし紙です。
ビタミンカラーが鮮やかな、華やかなのし紙。
贈り物を彩り豊かに演出します。
ゴージャスなブーケにパールがキラリ。
とびきりキュートで煌びやかな贈り物に。
新しい門出を意味する門をあしらったのし紙。
エレガントな贈り物に仕上がります。
ラブラブな二人を演出する、ハートがいっぱいののし紙。ハート形のリボンがアクセント。
のし紙一覧はこちら のし紙一覧はこちら

婚礼を告げる鐘と供に、並んだレースが上品な包装紙。
やさしい色合いのバラが贈り物をやさしく包みます。
シックな赤いバラは、大人の洗練された魅力がいっぱいです。
バラの花で埋め尽くされた、とってもゴージャスな包装紙♪
エレガントで落ち着いた色合いのダマスク模様の包装紙。
和の演出に欠かせない、金と銀が美しい鶴柄の包装紙。
牡丹などの花々をあしらった包装紙。紅色でさらに豪華に。
おめでたい紅白の色が華々しく咲きほこる、桜の包装紙。
包装紙一覧はこちら包装紙一覧はこちら

清楚でかわいらしいイメージのカード。ピンク色もあります。
アメリカのポップアートを思わせる、スタイリッシュなカード。
エレガントなレースとブーケでドレッシーに。ブルーもあります。
和のモチーフがかわいい♪市松模様がモダンなカード。紫の他に、青と緑もあります。
スイートなお二人を、たくさんの甘いお菓子でトッピング♥
ハートがいっぱいの、シンプルキュートなカード。
中央の二枚の扇を彩る、赤と黒の色使いが印象的な、和のカード。
希望に満ちたお二人の未来を思わせる、優しいレインボーカラーのカード。
カップルの仲良し兎を、桜色に染まったハートの月夜に、満開の桜で祝福します。
デザイン一覧はこちらデザイン一覧はこちら